2021年8月29日(日曜)に開催されるキーンランドカップの穴馬になれる馬の紹介になります!

固い予想をしがちな予想家、芸能人には負ける気がしません。

人気馬と穴馬がバランスよく走るレースです。

軸馬は人気馬から選び、穴馬に流すことが的中への近道なレースです。

 

やーやー。ポテペプです。

雑文になりますが、最後まで読んで楽しんでいただけたらと思います!

 

穴馬の特徴

過去5年で馬券になった15頭のうち6番人気以下で馬券になった穴馬は3頭でした。

この3頭を分析するとあるあるな穴馬の条件が見つかりました。

1つ目

近3走内で重賞好走履歴があるのに、評価がされてない馬。

2017年に12番人気で1着になったエポワスは2走前に函館スプリントステークスで3着であったにも関わらず評価が低く穴をあけました。

去年9番人気で3着にきたディメンシオンも3走前に阪神牝馬ステークスで3着の実績がありました。

今年の出走馬でこれに該当するのはロードアクアになります。重賞ではありませんが2走前にオープン特別を勝利していますが人気がありません。

 

2つ目

近3走内で重賞で人気があったのに、凡走してしまった結果、人気が下がった馬。

2018年に9番人気で3着に来たペイシャフェリスはアイビスサマーダッシュとCBC賞を2,3番人気で走りましたが2桁着順で凡走し人気を落としていました。

今年の出走馬でこれに該当するのはメイショウチタンになります。CBC賞で5番人気でしたが12着に敗れ人気を落としています。

 

軸馬は1,2番人気から

過去5年キーンランドカップは1番人気か2番人気が必ず馬券になっております。

馬券になった1番人気か2番人気の馬の前走は以下の3つの1つを満たした馬だけでした。

  • 前走G1で6着以内
  • 前走G2かG3で3着以内
  • 前走オープン特別で1着

このどれかの条件を満たす必要があります。

今年人気になりそうなのはメイケイエールとミッキーブリランテになります。

この両馬で条件を満たした馬はミッキーブリランテになりますので、軸はこの馬です。

 

 

穴馬と軸馬まとめ

近5年の成績から穴馬と軸馬を選びました。

穴馬はロードアクアとメイショウチタンになります。

軸馬はミッキーブリランテになります。

そこまで大荒れしない重賞ですので、これで絞って高配当狙いできますね。

あとはしっかり予想したいと思います!

    以上。キーンランドカップ2021の穴馬と軸馬の紹介でした。