2021年7月4日(日曜)に開催されるラジオNIKKEI賞の穴馬と馬券になれる馬の紹介になります!

固い予想をしがちな予想家、芸能人には負ける気がしません。

このレースはともかく荒れますので、まずは馬券になれる条件をしっかり確認したいと思います。

その中で人気がない馬が必然的に穴馬となります。

やーやー。ポテペプです。

雑文になりますが、最後まで読んで楽しんでいただけたらと思います!

 

 

馬券になれた馬の特徴

ラジオNIKKEI賞で3着内にきた馬の共通点を過去5年データでさぐっていきました。

前走のグレード別でみると特徴ありました。

前走G1

前走、皐月賞と桜花賞組は馬券になっていません。ローテーション的にも間隔があきますし、ほかのレースに使おうと思えば使えますので、中途半端な馬が参戦してくるのだと思います。

NHKマイルカップ、オークス、日本ダービー組は無条件で馬券になれます。

今年の該当馬はリッケンバッカー、ヴェイルネビュラになります。

今年の非該当馬はアサマノイタズラ、ワールドリバイバル、シュヴァリエローズになります。

 

前走G2,G3,オープン特別

基本的にG1へのトライアルに敗れた馬ですので、強くなく馬券になれる馬はほとんどいません。

それでも、キラリと光る成績を残した馬は馬券になれています。

具体的には上がり2位以内 & 6着以内 & 4番人気以内を満たした馬になります。

今年の該当馬はヴァイスメテオール、ワザモノになります。

今年の非該当馬はスペシャルドラマ、ボーデン、ロードトゥフェイムになります。

 

前走1勝クラス、2勝クラス

過去5年で馬券になった15頭のうち8頭がこの前走でした。

2勝クラスは3頭が出走して2頭も馬券になっています。前走の内容に関わらず2勝クラスは無条件で買いです。

1勝クラスは4角1番手or上がり2位以内の馬が馬券になっています。

今年の該当馬はグランオフィシエ、タイソウ、プレイイットサムになります。

今年の非該当馬はアイコンテーラー、になります。

 

馬券になれる馬はリッケンバッカー、ワールドリバイバル、ヴェイルネビュラ、ヴァイスメテオール、ワザモノ、グランオフィシエ、タイソウ、プレイイットサムの8頭になります。

 

穴馬まとめ

<穴馬条件>

穴馬は馬券になれる馬の中から人気薄を選べばいいだけです。

選ばれた8頭の中で穴馬はワールドリバイバル、ヴェイルネビュラ、ワザモノ、グランオフィシエ、プレイイットサムの5頭になります。

    かなり多いです。

    荒れる重賞なので、もう少し絞って買いで跳ねる可能性がある買いが正解かもしれない。

    そのあたりは予想で公開します。

     

      以上。ラジオNIKKEI賞2021の馬券になれる馬と穴馬の紹介でした。