2021年6月27日(日曜)に開催される宝塚記念の軸馬の紹介になります!

固い予想をしがちな予想家、芸能人には負ける気がしません。

軸馬条件がみつかりました。

大事なのは前走人気なのに負けていることです。

やーやー。ポテペプです。

雑文になりますが、最後まで読んで楽しんでいただけたらと思います!

 

 

前走は負けないといけない

前走成績の一覧です。

着順馬名前走着順前走人気前走レース名馬名
161マリアライト21目黒記念マリアライト
162ドゥラメンテ23ドバイシーマクラシックドゥラメンテ
163キタサンブラック12天皇賞(春)キタサンブラック
171サトノクラウン63大阪杯サトノクラウン
172ゴールドアクター75天皇賞(春)ゴールドアクター
173ミッキークイーン71ヴィクトリアマイルミッキークイーン
181ミッキーロケット49天皇賞(春)ミッキーロケット
182ワーザー63ライオンTC(香港G3)ワーザー
183ノーブルマーズ210目黒記念ノーブルマーズ
191リスグラシュー32Qエリザベス2世(香港G1)リスグラシュー
192キセキ22大阪杯キセキ
193スワーヴリチャード33ドバイシーマクラシックスワーヴリチャード
201クロノジェネシス24大阪杯クロノジェネシス
202キセキ63天皇賞(春)キセキ
203モズベッロ75天皇賞(春)モズベッロ

 

2016年に3着に入ったキタサンブラックを除き全馬が前走負けています。

青字がG1レースになるのですが、G1で8着以内で負けるこれが重要です。

前走G2組は目黒記念で2着しか馬券になっていません。

唯一の前走1着で馬券になったキタサンブラックは近3回のG1で1着3着1着と絶好調状態でした。

 

これらのデータに該当する馬はアリストテレス、カデナ、カレンブーケドール、キセキ、クロノジェネシス、モズベッロになります。

 

軸馬

先ほどの表をさらにみると、前走G1で5番人気以内の馬がほとんどなんです。

そこで、こんな条件で調べてみました。

  • 前走G1で2着から8着
  • 前走G1で5番人気以内
  • 前走海外G1ではない

この3つの条件を満たした馬の成績は(2.3.2.7)で複勝率50%、複勝回収率246.4%になります。

そして毎年、該当馬が必ず馬券になっています。

今年の該当馬はアリストテレス、カレンブーケドール、カデナの3頭だけです。

さらに2走前まで調べると、日経賞、京都記念組が相性が良いです。阪神大賞典だと次が天皇賞春となりペースの違いについていけないのだと思われます。

追加条件

  • 前々走が日経賞か京都記念で2番人気以内

この条件までも満たすと(2.1.1.1)で複勝率80%まで上昇します。

今年の該当馬はカレンブーケドールだけです。

軸はこれで決まりです。

 

軸馬まとめ

<宝塚記念2021で馬券になる条件>

2016年に3着に入ったキタサンブラックを除き全馬が前走負けています。

  • 前走G1で8着以内で負けた馬
  • 前走G2組は目黒記念で2着
  • 前走G1勝利馬はの近3回のG1で1着3着1着の好着順

今年の該当馬はカレンロマチェンコ、ゲンパチフォルツァ、サンライズウルス、ラペルーズ、ルーチェドーロ、レディバグ、ローウェル、クリーンスレイト、ケイアイロベージの9頭になります。

<軸馬条件>

  • 前走G1で2着から8着
  • 前走G1で5番人気以内
  • 前走海外G1ではない
  • 前々走が日経賞か京都記念で2番人気以内

この条件までも満たすと(2.1.1.1)で複勝率80%まで上昇します。

今年の該当馬はカレンブーケドールだけです。

 

    以上。宝塚記念2021の軸馬の紹介でした。