2021年5月2日(日曜)に開催される天皇賞春の予想になります!

固い予想をしがちな予想家、芸能人には負ける気がしません。

天皇賞春は人気馬2頭+穴馬1頭のパターンが多いレースです。

しかし今年の人気馬は弱点が多く人気薄2頭パターンになりそうです。

やーやー。ポテペプです。

複雑な予想したからと言って的中はしない。シンプルが一番!

シンプルに過去データに沿って予想をするだけです。

雑文になりますが、最後まで読んで楽しんでいただけたらと思います!

穴馬

天皇賞春で馬券になった穴馬の共通していた条件は

馬体重:440kg~ 460kg

になります。

これを満たした馬の成績は (1.3.1.6) 複勝率45.5% 複勝回収率305.5%です。

もう少し余裕をみて条件は

440kg~ 470kg

にします。

これの該当馬成績は (1.4.2.13) 複勝率35.0% 複勝回収率188.0%です。

今年これに該当しそうな馬は

⑧ディバインフォース

⑨ジャコマル

⑪メイショウテンゲン

⑭ウインマリリン

の4頭です。

もう1つ共通しているのが前走4角順位が6番手以内です。

これも全頭が満たしていました。

次に近走で共通していた条件の紹介になります。

  • 前走がG2で3着以内
  • 前走がG2で6着以内で前々走がG1

この条件を穴馬が満たしていました。

これにも該当したのは

⑭ウインマリリンだけになります。

 

 

13/15頭が満たしていた条件

馬券になった15頭の内13頭が2000m以下の重賞で3着以内にきていました。

該当していない馬はG1勝ちか阪神大賞典勝ちの馬でした。

今年の該当馬は③カレンブーケドル、⑤ディアスティマ、⑥マカヒキ、⑦ユーキャンスマイル、⑪メイショウテンゲン、⑭ウインマリリン、⑰オーソリティです。

今年の非該当馬はアリストテレス、シロニイ、ディバインフォース、ジャコマル、ゴースト、ナムラドノヴァン、オセアグレイト、メロディーレーンです。

ワールドプレミアは非該当でしたがG1勝の実績がありました。

ディープボンドは非該当でしたが阪神大賞典勝ちの実績がありました。

 

今年の上位人気であるアリストテレス、ディープボンド、ワールドプレミアの3頭はこの条件を満たしていないです。

ですから、この3頭の決着もないし、2頭が馬券になることもありません。

 

本命はこの条件を満たし、阪神長距離で過去3年で複勝率が高く重馬場でも走っている血統オルフェを持ち、前走も天皇賞春で馬券になった馬と同じローテーションである

⑰オーソリティ

になります。

 

亀谷さんの予想

亀谷敬正さんの予想はnetkeiba.comのコラムに記載されている推奨馬上位数頭と私の予想印上位数頭との勝負になります。

推奨馬は「ディアスティマ」と「オセアグレイト」でした。 今年は京都ではなく阪神で行われますが「古馬混合の長距離戦で能力発揮のピークを迎える」馬が走りやすいのは例年と変わらない構造でしょう。という理由でした。

 

芸能人の予想

対決しているジャングルポケット斎藤さんは⑥マカヒキの単勝でした。

対決しているキャプテン渡辺さんは本命⑬ナムラドノヴァンでした。
買い目は
馬連・ワイド:⑬ー②⑫各5000円
合計2万円

元騎手の細江純子さんの予想印はこうでした。
◎⑫ ○① 次点⑬⑰

元騎手のアンカツ(安藤勝己)さんの予想印はこうでした。
◎ ③カレンブーケドル、○ ①ワールドプレミア、▲ ⑰オーソリティ、☆ ⑫ディープボンド
△ ②アリストテレス、⑭ウインマリリン、⑦ユーキャンスマイル

 

 

 

予想まとめ

ポテペプの予想印になります。

◎⑰オーソリティ
⑪メイショウテンゲン
▲⑭ウインマリリン
注⑫ディープボンド
△①ワールドプレミア
△③カレンブーケドル

推奨軸馬:⑰オーソリティ
推奨穴馬:⑭ウインマリリン

以上。天皇賞春2021の予想でした。