2021年3月7日(日曜)に開催される弥生賞の予想になります!

5年連続でディープインパクト産駒が勝っているレースですが、今年はディープインパクト産駒が出走しません。このレースはディープ以外にも毎年激走している血統があります。

もちろん近走の分析もあります。

やーやー。ポテペプです。

雑文になりますが、最後まで読んで楽しんでいただけたらと思います!

 

予想の元

今回は血統の前走成績から分析していこうと思います。

 

血統

弥生賞で馬券になる血統はかなり偏っています。

2020年 父系×母系
1着ー3着:1-3番人気決着。
4着:キングカメハメハ(キングマンボ)×サンデー系
5着:ディープ×ヴァイスリージェント(フレンチデピュティ)
6着:10番人気キングカメハメハ(キングマンボ)×サンデー系

2019年 父系×母系
1着:ディープ×ヴァイスリージェント(フレンチデピュティ)
2着:ハーツクライ×ケーニヒスシュトゥール
3着:ヴィクトワールピサ(サンデー系)×エルコンドルパサー(キングマンボ)

2018年 父系×母系
1着:ディープ×ダンチヒ
2着:ディープインパクト(サンデー系)×キングカメハメハ(キングマンボ)
3着:サドラーズウェルズ系×サンデーサイレンス

2017年 父系×母系
1着:ディープ×ヴァイスリージェント(フレンチデピュティ)
2着:ハーツクライ×フォーティナイナー(ミスプロあり)
3着:ルーラーシップ(キングマンボ)×サンデーサイレンス

2016年
1着:ディープ×ヴァイスリージェント(フレンチデピュティ)
2着:キングカメハメハ(キングマンボ)×サンデー系
3着:キングカメハメハ(キングマンボ)×サンデー系

2015年
1着:マルジュ×ミスプロ系
2着:ネオユニ×ミスプロ系
3着:ブラックタイド(サンデー系)×キングカメハメハ(キングマンボ)

2014年
1着:キングカメハメハ(キングマンボ)×サンデー系
2着:ハーツクライ×タイキシャトル(ミスプロあり)
3着:ディープ×ダンチヒ

2013年
1着:ディープ×ヴァイスリージェント(フレンチデピュティ)
2着:ネオユニ×ミスプロ系
3着:キングカメハメハ(キングマンボ)×サンデー系

 

見ての通り、◎キングカメハメハ×サンデー系の血統の馬が走ります。去年を除き馬券に絡まなかった年がありません。
もう1つは近5年で3勝を挙げているディープ×ヴァイスリージェント系の血統です。2019年は8番人気で勝利でしたから、よっぽど相性が良いのだと思います!

 

今年の該当馬は

ディープ×ヴァイスリージェント(フレンチデピュティ)

  • 該当馬なし

 

キングカメハメハ(キングマンボ)×サンデー系

  • ⑤ホウオウサンデー
  • ⑦タイムトゥヘヴン

 

前走

過去5年のデータから前走と近走から馬券になる馬をさぐっていきます。

前走結果から馬券になるならないをまとめました。

  • 未勝利組は馬券になったことがない。
  • 新馬戦組は2着に0.3秒差以上つけて勝利が条件
  • 500万下組は1着&2番人気以内が条件
  • オープン特別組は1着が条件。重賞3番人気以内の経験があれば4着以内でもOK
  • G2G3の2歳戦組は1着が条件。
  • G2G3の3歳戦組は3着&4番人気以内が条件。もしくは5着&5番人気以内で前々走未勝利戦で2着の馬
  • G1組は2番人気以内が条件。もしくは重賞2着以内かオープン特別1着の経験があれば9着以内でもOK
  • 前走朝日杯FS組は複勝率83.3%

今年の出走馬について確認していきましょう。

①ゴールデンシロップ:前走未勝利で駄目。

②ダノンザキッド:前走G1で1番人気で合格

③テンバガー:前走G3で3着で合格

④タイトルホルダー:前走G1で重賞2着以内の経験ありで合格

⑤ホウオウサンデー:新馬戦で0.2秒差なので駄目。

⑥ワンデイモア:1着だが2番人気以内でないので駄目。

⑦タイムトゥヘヴン:前走G2で2着で合格

⑧ソーヴァリアント:前走未勝利戦で駄目。

⑨タイセイドリーマー:オープン特別4着で駄目。

⑩シュネルマイスター:500万特別を1着&1番人気で合格。

5頭が残りました。

 

予想まとめ

予想印になります。

⑦タイムトゥヘヴン
②ダノンザキッド
④タイトルホルダー
⑩シュネルマイスター
③テンバガー
⑤ホウオウサンデー

推奨軸馬:②ダノンザキッド
推奨穴馬:⑦タイムトゥヘヴン

ダノンザキッドが人気過ぎですが、2強のもう1頭シュネルマイスターは飛びそうなのでそれなりの配当にはなりそうです。

 

以上。弥生賞2021の予想でした。